前へ
次へ

腰痛はきちんと対策をすることが大切

高校生の頃、予備校に通っていました。予備校では、座るスペースがかなり狭く長時間、座っていると背中や腰が痛くなり予備校に通っていた時期はかなり腰痛に悩まされた時期でもあります。それまでは、首や肩のこり、腰の痛みなど症状として出ることがなかったため、親がよく肩がこる、腰がだるいなど言われてもあまりピンとこなかったのも事実です。ですが、実際に自分が腰の痛みなどで悩むことになるとは思ってもみませんでした。最初の頃は、少し腰がだるいかな程度の違和感しかなく、その頃は学校でも運動をしていた時期でもあるためストレッチなどもよく行っていたのでそれほど、腰の痛みを感じることもなく過ごしていました。ですが、予備校に通い始めて数か月が経った頃から腰に感じるだるさがかなり気になりだしました。座っているとじっとしていることで、イライラしてしまったり立ち上がる時に少し痛みが出るような状況になったため、自宅で湿布を貼るなどの対策をするようになりました。湿布のおかげである程度痛みなどもやわらぎ状態的にはそれなりに改善したのは事実です。しかし、湿布を貼らずに再び同じような生活を続けていると腰がだるくなる、痛みなどが伴うなどの症状が繰り返すようになったため、一時的に、接骨院などに通い電気治療などを行ってもらいました。低周波による治療のため、これがそれなりに効果があったのか、腰の負担がかなり軽くなりました。予備校通いを辞めてしばらく経ったら特に、腰の痛みに悩まされることもなくなり今では、特に問題なく日々を過ごせています。その経験をしていなかった時期では、腰痛とはどのようなものか、親がいろいろと話してくれてもいまいち理解ができませんでしたが、実際に経験したことで、日常生活などにも影響するようなことなのだと理解ができたのはいい経験だったと思います。予備校の椅子の硬さ、そして狭い場所に長時間座ったことが原因だったので、今では、仕事での作業や私生活ではその点に気を付けて過ごすようにしています。

身体の内側から調える治療を
表面的な治療ではなく、お身体内部のことを考えた治療を福岡市の皆様にご提供しております

アレルギーの原因物質となる抗原を見つける
自分の身体に合わない物質を見つけることで、適した治療を行うことができます

歯列矯正で歯並びを綺麗に整える
歯並びにコンプレックスをお持ちなら一度CDCへご来院くださいませ

女性安心の女医在籍内科

詰めもの・被せ物を気にせずいたい
そんなあなたのためにホワイトニング治療を実施しております。
白い歯になって自然と笑えるようになりませんか?

Page Top