前へ
次へ

腰痛では他の病気も考えられる

腰痛の原因としてあり得るのが内臓の病気です。腰を痛めるといっても例えば同じ姿勢でずっといるとかそういうことがあったりしますと腰に負担がかかるので腰痛になりやすいとか言うのであればそれなりにわかりやすいことではありません、胃潰瘍とかや膵炎などによっても起きることがあります。血管の閉塞なども腰痛を引き起こす原因となります。ですから、腰が痛いが別にいつものことであろうと考えて対策をしなかったり、症状を確認しないというのは大きな病気を放置してしまう可能性があったりするのでなかなか強いことでもあります。その可能性が高いというわけではないですが低いというわけでもないです。なんだかいつもの腰痛とは痛みの感じが違う、ということを意識するようになったのであれば病院にいくようにしましょう。精密な検査をする事によって内臓系が理由であれば判明します。原因が判明しにくい疾病の一つではありますが明確に内臓が原因であればわかります。

Page Top